転職や出世ためにも持っておきたい

転職や出世ためにも持っておきたい

日常的な介護の仕事で役立つ場面もある運転免許ですが、もしキャリアップを考えるのならばぜひ持っておくことをおすすめします。その他にもメリットがあるようですので、代表的なものを紹介します。

LINEで送る
Pocket

介護業界で出世するなら運転免許は必須

介護職として現場で経験を積み、その後施設長やエリアマネージャーになることを考えるのであれば運転免許は必須でしょう。
施設長であれば施設外で仕事をすることは少ないのでは?と考える人もいるかもしれませんが、利用者の自宅を訪問することもありますし、複数の施設を運営しているような企業の場合には車通勤が必要な施設へ異動になることも十分考えられます。またエリアマネージャーであれば、担当の地域を移動することは仕事の中で必ず求められます。
交通手段が豊富にある都心部であれば電車やバスを利用することも可能かもしれませんが、地域によっては山の上であったり、駅からかなり遠い場所に施設がある場合もありますので、仕事上だけでなく生活の面でも車が必要になるでしょう。

転職の際にも有利

例えば運転免許必須ではない施設へ就職したとしても、ずっと同じ施設で働き続けるとは限りません。上述のようにキャリアアップを目指すこともあるかもしれませんし、他の職種に興味を持ったり、現在の職場への不満から転職を考える可能性もあります。そんな時に選択の幅を広げることにも運転免許は役立ってくれます。
現在より待遇や環境の良い職場で働きたいと思った際に、希望が叶う施設の求人を見つけたとしても、運転免許必須の場合には当然のことですが無免許の人が働くことはできません。苦労して積んできた経験面や他の資格などの条件が満たされていても、運転免許ひとつで応募することができないとしたらきっと悔しい思いをすることになってしまうでしょう。
また、今までの介護経験を活かしてもっと専門性を追求した職種に就きたいと考えた場合にも、その職種が運転免許必須であるというだけでせっかく描きかけた将来像を手放さざるを得ないとしたら、大変残念なことです。自分の様々な可能性を閉ざすことのないよう、運転免許はできるかぎり取得しておいたほうが良いでしょう。

意外なメリット

介護の仕事では、勤務時間のほとんどを施設内で過ごします。利用者を日々サポートし、職員同士の人間関係にも気を使いながら仕事をしていると、憂鬱な気分になってしまうこともあります。そんな時に外へ出られる機会があれば、良い気分転換をすることができます。
業務時間内に勝手に外へ出ることはできないと思いますが、施設によっては運転免許を持っていることによって役所の手続などの所用のため外出の機会を持つことができます。少しの時間かもしれませんが、外に出てリフレッシュすることでまた利用者のサポートに笑顔で臨める、という場合もあるのです。